島根県の瞑想教室 楽空(らくう)ではシンプルで効果の高いELM 瞑想を学べます。確実に空(くう)のメディテーションを習得できます。

つづき。

さて、2月3日節分祭当日がやってきました。
果たして鬼(神)を迎えることができたのでしょうか・・・。
社殿にたくさんの人が詰めかける中、宮司さんのお話が始まりました。

お話しによると、用意した手桶には3粒の玉が入っていたそうです・・・!
不思議。。。だけど、本物の神事だからこそ、こういうこと起こるんですね。
とにかく、今年も無事お迎えすることができたんですね。良かった!!

節分には豆まきをしますね。「鬼はそと~、福はうち~」と言いながら。
でもここ天河神社では鬼を迎えますので、掛け声も「鬼はうち~、福はうち~」となります。
おもしろいですね。
威勢よくまかれた福豆を頂くことができました♪

社殿の外では護摩焚きが行われました。まず最初に太鼓の音が鳴り響き始めました。
女性と男性が一緒にひとつの大きな太鼓を打っています。ぴったりと息のあった太鼓の音は
心の深い部分が揺さぶられるような感覚でした。
IMG_1631
この節分祭では世界平和・災害復興・所願成就を祈念しています。
その思いを反映するかのように、護摩焚きの炎は真っ赤に力強く燃えていました。

節分祭の夜には奉納演奏も行われました。これが本当に素晴らしかった!!

つづく。しばらく天河神社でのことを書いていきますね。どうぞお付き合いください。